這是一首有著夏天回憶的歌。很久遠。很久遠。
要說多久遠,那是SMAP還是六個人的年代,
是還沒有代理進口正版,唱片行架子上大剌剌擺著海盜B版的年代。

其實也已經記不得當初為什麼喜歡SMAP,
每個禮拜開心看著衛視中文台播的smasma,還為了中文配音這件事打電話去反應過,
拜託那時候我應該還是小學生吧,竟然可以自己查電視台電話而且還真打,
真是從小就展露了以男人為人生進步動力的潛能(?)

反正那時候就那樣莫名的喜歡,日文當然還一竅不通,
不知道他們在唱什麼,也沒有資源可以找到歌詞翻譯,
但對這首歌,真的,真的是打從心底喜歡。

這首歌還有英文版,叫Every you。
靠著對英文片段的理解,和對日文漢字的猜測,終於拼湊出我對這首歌的想像。

像是一個下著雨的午後,天空和街道都灰濛濛的,
想著是不是該拿包包意思意思遮個雨,最後卻還是決定就這樣衝過馬路,
一身衣服弄得濕淋淋的,卻意外心情舒爽,想著,偶爾像這樣淋場雨也不壞。

今天一整個下午的雷雨,讓我意外的又想起這首歌,而覺得無比懷念。
去找了歌詞,才發現原來在講戀情邁向尾聲,人生卻不能跟著暫停的感傷。
真的覺得SMAP的歌,詞都很有大人的味道。

多年以後,一樣喜歡。



どんないいこと 

作詞:大倉浩平 作曲:庄野賢一
唄:SMAP


どんないい服着て どんないい顏して 
街は Tic Tac 時を刻んでゆく いつまでも
どんないい夢でも どんないい恋でも…  Loving you

空がだんだん曇ってきた 雨が今にも降りそう
バスがちょっと遲れてる 時計の針は過ぎてく
少しだけ君に会いたいと 話しておきたい事があると
そんな言いわけじゃ悲しすぎる あきらめる恋を 
たしかめるのは

どんないい服きて どんないい顏して
街は Tic Tac 色を変えてゆくから
どんないい時でも どんな言い訳でも 
受けて立つのは自分ひとりだから いつでも

雨が少し降り出した みんな家路を急いでる
次のバスがやってきて 荷物と重たい気持ちが乗った
通りの向こうに君がいた 走り出そうとするこの僕に
君はだまって おじぎしただけで 
“ゴメンネ”って声が 聞こえた気がした

そんないい服着て そんないい顏して 
街は夢ばかり運んでゆくから
どんないい時でも どんな言い訳でも 
ほんとうの事だけ映して消える いつでも

どんないい夢でも どんないい恋でも 
うまくいかない時は 落ちこむのさ
立ち止まってみたり 少し戻ってみたり 
今日ひとりで歩いてゆこうと思った

そんないい服きて そんないい顏して 
街は夢ばかり運んでゆくから
どんないい時でも どんな言い訳でも 
ほんとうの事だけ映して消える いつでも






創作者介紹
創作者 sugna 的頭像
sugna

蘇格娜

sugna 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()