とりあえず見終わって思ったことを。
ドラマ自体に関する感想は後ほど。たぶん…


…やっぱり無事じゃなかったですね、私のほうが(爆)

しょっぱなから音楽が素敵過ぎるせいか、なんもないシーンにもなぜか涙ぐんでしまい、
最後の15分に至ってはもうずっと泣きっぱなしで、
泣き過ぎて嗚咽が止まらなくて途中でうまく息が出来なくなってたという…泣き顔

ここまで大号泣になるとは思わなかったですねー。
大泣きしながら自分でもびっくりあせあせ(飛び散る汗)

何でだろうね…

もちろんドラマ自体はすごく丁寧に作り上げられていて、
暖かくて優しい雰囲気が終始漂っていて、すごーく素敵なんですけど、
やっぱり正宗くんの純粋で一途な想いを、相葉くんがどこか不器用ながらも、
真摯に演じてくれて、一生懸命に伝えようとしてくれて…
そんな両者の真っ直ぐさが重なってこっちまで伝わってきたから…かな?

ああー、うまく言葉で表現できない自分が悔しいですたらーっ(汗)

なんか、見ていてすごく舞台での相葉くんを思い出します。
正直言って、相葉くんってそんなにお芝居が得意でも上手でもないと私は思います。

でも、演じる姿勢はいつも真摯で、
真正面から全身全霊で役と向き合う姿に、すごく胸を打たれます。

そんな相葉くんが、ドラマ初主演なんてね。

そこには、ちゃんと「笠間正宗」がいました。
その事実に胸がいっぱいです。

…なんか支離滅裂でまとまりがないですが、 ほんとに素敵なドラマですね。
予想以上に。

毎週こんな幸せな時間がやってくるなんて未だに信じられません。


--
どうしよう。
やっぱり相葉雅紀が大好き。

 

創作者介紹

蘇格娜

sugna 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()